一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと使っていれば一生涯持つと言われるのですが、現実には、治療しゅうりょう後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますねから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。最近よくきくようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するといったものです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にか変らず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。
人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっていますね。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通りおこない、治療方針を決めてから治療を初めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行なえます。治療が終わっ立ところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるのでおぼえておきましょう。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないといったことです。これは重要な事実です。
どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする場合があることに留意して頂戴。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整っ立ところで手術する必要もあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。腸骨など自家骨の移植手術だったら大がかりな手術を入院して受けることもあります。このような難しい治療を行なう場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画をたてていって頂戴。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。
そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。
一生涯使える第二の歯をもとめて、安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めるしかありません。
インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟して頂戴。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで初めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
この治療ができるだけ早く終わってほしいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意して頂戴。
インプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べ立と思いますね。
問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった問題はありませんでしたか。
でも、気にしなくて良いです。
MRI検査では、磁場に反応して画像が創られます。金属に反応し立ところの画像は乱れてしまいますね。インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないといった問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。
いろいろな条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決め立と思いますねが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。
歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA